Hi,
from Tokyo, Japan.

Thank you my friends all over the world!!
女性誌のランチ特集の取材中。おばちゃん店員に「ランチタイムに来店する女性へメッセージを」と頼んだら、「食べ終わったら早く帰れ」とのコメントをいただいた。
Twitter / nemonemu (via m0r1)

ごもっともでございます

(via nrbnrb)

(via poochin)

9 hours ago
704 notes

sasaq:

(via Twitter / mesomeso1009 1, 2)

1 day ago
698 notes
9gag:

Some people need this. #9gag





(via TumbleOn)

9gag:

Some people need this. #9gag

(via TumbleOn)
1 day ago
553 notes
awwww-cute:

He popped the first two. Now he carries this one very gently






(via TumbleOn)

awwww-cute:

He popped the first two. Now he carries this one very gently

(via TumbleOn)

(via afternoonsnoozebutton)

1 day ago
319,144 notes
9gag:

Current mood: tired. #9gag





(via TumbleOn)

9gag:

Current mood: tired. #9gag

(via TumbleOn)
1 day ago
685 notes
 夜中の3時なんて想像もつかない、と言う人もたくさんいるかもしれない。わたしも昔はそうだった。3時はオールナイトニッポンの終わる時間で、そこから先は何の娯楽もない深遠だった。そこに取り残されたら、朝が来るまで孤独に過ごさなければならない。ラジオの生放送は、自分以外の起きている人を確認する唯一の手段だった。本を読んだり、音楽や録音した別の回を聴いたりするよりは、心強さが格段に違った。それに、次の日が休みならまだいいけれども、平日だと最悪である。学校に行かなければならない上に、眠れなかったとなると、日中にどんな悲惨なことになるのかは目に見えている。

 そんな心細かった時期と比べると、今は図太くなったなあと思う。午前3時に起きている人なんていくらでもいることを知ったし、いちいちそのことを考えなくても、平気で録画したドラマを観たり、手芸の本を眺めたり、仕事をしたりしている。さすがに、外を出歩いたりはしないけれども、この世界に遅い時間などないのではないかという気がしてくる。

sunsdown:

THIS IS SO CUTE OH MY GOSH IT’S SO HAPPY AND THERE ARE SO MANY BALLS TO CHOOSE FROM AND THEN IN THE END IT’S JUST SO OVERWHELMED WITH HAPPINESS IT HAS TO LEAVE

(via TumbleOn)

(Source: puppygifs, via afternoonsnoozebutton)

1 day ago
615,934 notes
free counters